置かれた場所で咲く意味について【ルノルマンカード・カウンセリングセッション・横浜・渋谷・新宿】

メンタルヘルス
Lee_seonghak / Pixabay

 

こんにちは、マインドファシリテーターの橋本麗子です。

 

 

本日は「置かれた場所で咲く」と言うことについてお話ししたいと思います。

 

この言葉、

 

あなたはなるほどと思いますか?

違和感を感じますか?

 

 

 

たまに、

 

固定された場所で咲くのは嫌

 

そう告げる方もいらっしゃるのですが、

 

では、なぜあなたはそこにいるのでしょう。

 

 

今、起きている現実は、すべて必要だから起きていて、

 

すべてあなたが選択したことにより目の前にあります。

 

 

人生は修行ですから、

 

RPGのように

 

目の前のことをクリアにして、

 

初めて、次のステージへと向かいます。

 

 

相手のせいにしたり、

 

自分の能力を過信したり、

 

何かの所為にして

 

今、置かれた場所でベストを尽くせない人は、

 

別な場所に移動したとしても何も変わりません。

 

逃げたとしても、

 

ボスをクリアしないと次の世界が開けないように、

 

同じレベルの課題を与えられるだけです。

 

 

この世は、バーチャルではありませんから、

 

ステージアップには

 

現実的な痛みも伴うこともあるでしょう。

 

それでも、

 

その時、自分が最善と思う行動と覚悟を持って進めば、

 

必ず道は拓けます。

 

 

今、不服を抱えた場所にいるなら、

 

不服を唱える前に、

 

自分がそこで知るものは何か考えてみてください。

 

 

その知り得た経験が、必ず次のステージで活かされます。

 

 

その時、

 

しんどかった出来事は

 

あなたにとって過去のものとなり、良い思い出に変わるでしょう。

 

 

まずは、

 

その場所で最善を尽くしてみてください。

 

その姿をみている人は必ずいる・・・・というより、

 

誰でもない自分が見ているのですから。

 

 

 

神秘力と思考力で240%自分革命 魔法の14日間ステップメールはこちらから

わたしと気軽にお話してみませんか?

 

 

人は、恒常性という性質が備わっているので、

「良いことを聞いた!」と思っていても継続することは難しいのです。

戻らない気質を作り上げるのに、

わたしに一年あなたの心を預けてみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました