否定をするという事は意識をしているという事【ルノルマンカード・カウンセリングセッション・横浜・渋谷・新宿】

メンタルヘルス
brenkee / Pixabay

 

こんにちは、マインドファシリテーターの橋本麗子です。

 

本日は、「否定をすると言うことは、実は意識をしていると言う事」についてお話ししたいと思います。

 

「わたしは気にしていないんだけどね」

「どうでもいいんだけどね」

 

 

そう前置きをしてから、

 

相手に関する批判を述べ続ける方がいます。

 

 

自分を正当化しないで、

 

正直に

 

「気にしてる」と言えばいいのにな、と思ったりしますが笑

 

 

人間というのは、

 

そこはプライドが邪魔をするのかもしれませんね。

 

 

口に出している以上

 

「とても気にしている」状態なのです。

 

本当に気にならないのなら、全くその人の思考上に上りません。

 

 

「関わりたくない」と避けるのも一緒です。

 

 

見たくない状況というのは、

 

そこに今の課題が映し出されているという証拠。

 

 

にも関わらず、

 

関わり合いたくないと背けていては、

 

「気にしている」思考から離れることができず、

 

永遠に関わり合い続けることになります。

 

 

 

なぜなら、

 

全てはプラスとマイナス、陰と陽、

 

相反するものがバランスを取ることで成り立つのがこの世。

 

 

避けたいと引けば、

 

相手は押してくる。

 

反対の現象が起きてしまうのです。

 

 

相手はあなたの思うようにはなりません。

 

 

関わり合いたくないのなら、

 

なぜ関わり合いたくないのか、

 

自分の内面にとことん向き合ってください。

 

 

なぜ関わり合いたくないのか、

 

表面的な理由ではなく、

 

真の理由にたどり着いた時、

 

もうそこにこだわらなくていいのだ、と腑に落ちることで

 

その思考から解放されます。

 

不思議なことに

 

複雑に絡めているのは自分内の思考で、

 

一つ外すとスルスルと溶けていきます。

 

堂々巡りしている自分から解放されてくださいね。

 

こんな楽な世界があったのだと気づけます。

 

 

神秘力と思考力で240%自分革命 魔法の14日間ステップメールはこちらから

わたしと気軽にお話してみませんか?

 

 

人は、恒常性という性質が備わっているので、

「良いことを聞いた!」と思っていても継続することは難しいのです。

戻らない気質を作り上げるのに、

わたしに一年あなたの心を預けてみてください。

 

 

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました