暴言を吐く夫の心理 – 暴言を吐く夫に限界を感じている女性のために、女性カウンセラーが「スルー出来るようになった女性の実例」を解説

メンタルヘルス

 

 

こんにちは、

マインドファシリテーターの橋本麗子です。

潜在意識を表面化するカードリーディングと、そこから心理学を通してどのように解決していくかを

アドバイスする女性カウンセラーをしています。

 

これからの令和の時代に相応しい、女性の真の自立に向け、

女性が何かに依存することなく、その人らしい生き方ができるようサポートするのを専門としています。

 

 

本日は、

暴言を吐く夫の心理と、その捉え方についてお話し

したいと思います。

 

今回、このコロナの流行により世の中が色々と変わってきましたね。

 

家にいることを余儀なくされ、

仕事にも家庭のあり方にも見直す時がきました。

 

これに柔軟に対応できる人と、

 

対応できずコロナのせいにして止まってしまう、

もしくは、マイナスの方へ引きずれられてしまうといった

意識が極端に二分化しました。

 

 

 

それはなぜかと言うと、

これまで自分の人生を自分で決断で進んできたか、

 

誰かに委ね生きてきたか、

その違いが露呈してきただけだと感じています。

 

 

つまり、既にそこにあった原因が、

コロナをきっかけに表に出てきたに過ぎません。

 

そんな中で夫婦のあり方も大きく変わってきました。

 

「コロナ離婚」というキーワードが生まれたこともよく表しています。

 

お悩みの中にも、

夫がリモートワークで常に自宅にいるようになり

自由がきかない、

 

夫からの暴言で

精神的に限界がきてしまった。

 

モヤモヤ感で毎晩泣いている、

 

一体どうしてそういう事を言うのか、夫の気持ちが分からない。

 

そんなお話を伺いました。

 

こんな夫の暴言に、気持ちが落ち着かなったり、苦しんだりされている方へ

 

「君、バカァ?」「鈍感!」「甘えるな!」といった厳しい言葉を言われる女性が

います。

 

何かにつけ、自分のイライラを妻に当たる

 

共に暮らし、

自分が守るべき存在に何が嬉しくてそのようなセリフを吐くのか

 

一人の女としては嫌悪感が募るのは否めません。

 

ただ、

嫌悪感で敵対しても解決にはなりませんので、

そう言った女性が少しでも気持ちが楽になるようアドバイスをさせていただきたいと思います。

 

 

男性はやはり力があります。

その力という武器がある人間に

一方的に頭ごなしに言われると

 

悪いのは自分なのかという釈然としないモヤモヤを感じ、

苦しい思いをされているの方もいらっしゃるでしょう。

また、既に限界を感じてるけれど、ここから逃げる道、場所はないと

自分の人生を諦めて生きているのかもしれません。

 

かつて

わたしも夫のストレスを当たられ、

精神的にとてもきつい思いをしていた頃があります。

 

世間的には幸せそうにみられていたらしく

周りからは

 

「あなたに何の苦労があるの?」と言われていて、

 

現実の家庭内や、わたしの心の中のことを知ろうともせず

悪気のない言葉に傷つき、

誰にもわかってもらえない、

わたしが安心して入れる逃げ場がないと常に感じていました。

 

それは、わたしの精神に大きく圧迫をしていたようで

実際、定期的に戦争の夢を何年も見続けていました。

 

 

 

 

 

子供の手をひき、ライフル銃を構え、

必死になって打ってくる相手から逃げ続け、

もうだめだ、、、と思った瞬間、全身汗びっしょりで飛び起きる。

 

そんな事を繰り返していました。

 

飛び起きた時の心臓の鼓動、

 

また、この夢を見てしまったと言う絶望感に本当に苦しみ続け、

 

夜が来るたび

またこの夢を見てしまうのではないか、と怯えていました。

 

 

 

夢はその人の潜在意識を表し、メッセージを伝えてくれます。

 

当時のわたしは、わたしに向け、一生懸命メッセージをくれていたのでしょう。

 

 

でも、この状況を変えることはできない。

 

変化を恐れ、

世間の観念を基準にし、

 

自分で自分の可能性を勝手に潰していたに過ぎなかった、

 

と言う事実を

心理学を通して学ぶことができました。

 

 

ここから先は、

 

自分には逃げ道がない、

離婚も難しい、

 

と言った精神的に限界を感じている女性や、

気持ちが落ち着かない女性には、

特にご参考にしていただけるかと思います。

 

 

私の経験や

 

自分は孤独だと毎日泣き続けた日を乗り越え、

 

自分らしい明るい人生を歩めるようになった

セッションを受けてくださった女性クライアントさんのエピソードを交え

 

お話ししていこうと思いますので、ご参考いただければと思います。

最初は、夫の暴言を全て受け止めていて、自分は孤独だと感じていた

 

狭い世界で生きていると

特に家族を中心に動く生活をしていると

社会から取り残されたような気持ちで日々過ごすことになります。

 

また、

意識は全て自分の内側に向いてしまうため、

夫がはくセリフを一人で受け止めてしまわなくてはいけなくなります。

 

 

残念ながら、令和という時代が来ても、

 

日本の中には、従来の男尊女卑の気質をいつまでも残している層も多く、

 

男はこうあるべきだ、

女はこうあるべきだ、

 

養ってやっているのだから当前だ、

 

いまだにそんな意識を抱えている人がいます。

 

本来は対等の立場であるはずなのに、「やっている」。

 

その言葉は、女性を深く傷つけます。

 

 

 

実際、わたしのクライアントさんの多くが、

 

夫が言い出したら止まらないから、と

(言葉を返すともっと上から心無い言葉を怒鳴り返してくる)

何も言い返さず、

嵐が過ぎるのを黙って待っていました。

 

 

 

 

 

話せる友人も、頼れる実家もなく、

どうすれば良いのか苦しくて、

自分の気持ちをわかってくれる人はいないと

孤独の中、ずっと一人泣いていたそうです。

 

カウンセリングを受けようと思ったきっかけは?

 

そのかたがカウンセリングを受けようと思ったきっかけは、

実際カウンセリングを受けた友人が

どんどんと笑顔を取り戻し、

自身の状況を変えていったのを見たこと。

ネガティブ思考の影が薄くなり、

自然に生きているのを感じたからだそうです。

 

暴言を吐く夫の心理について、カードリーディングと心理学の両面から見る「夫の心理」

 

もともと女性に向かって暴言を吐く男性には、

女性に対し、コンプレックス抱えている方が多いです。

 

本当の強い人は、

(男性、女性問わずですが)

相手に一方的に強く出ることはありません。

自分の欠点や弱さを受け入れているため、

相手の欠点や弱い部分も理解しようと歩み寄ります。

 

ですが、

自分の弱さを見せまい、

自分の欠点を隠そうとし、

まるで先制攻撃かのように相手に強く見せるのは、

 

自分の弱い部分を知られないよう虚勢を張ることでしか

自分の身を守るしかできないとても弱い人が多いのが特徴です。

 

「弱い犬ほどよく吠える」という諺を思い出してください。

 

とはいえ、

常に暴言を吐かれていては

そのように思うこともできず、悶々としてしまう気持ちはとてもよくわかります。

 

 

そこで、

セッションでは

それぞれの意識をカードに問うことがあります。

 

 

心理学では

 

人の意識というのは、

顕在意識があり、その下に潜在意識、

 

さらにその下には集合無意識と言って

この世にある人の意識全て、

動物も植物も、鉱物も、地球も、宇宙までもが一つとして繋がっているとされています。

 

つまり、

相手に意識を合わせてカードを引くことで

その人の意識と繋がることができるのです。

 

特に、わたしの利用しているルノルマンカードは

絵柄に現実世界に存在するものしか描かれていないので、

カードの意味を深く知らずとも、

カードを見ただけで

本人の中にある気付きと答えを導きだすことができます。

 

 

クライアントさんも

誰でもない自らの手で引いたカードでは、

誰かのせいにすることができず、

自分を客観的に見ることで

無意識の中にある真実を知ることができるのです。

 

 

自分の本来の望み、自分の持つ力、

パートナーの暴言の裏に隠れた真実、

そういったそこにある現実を知ることで

気持ちの中に変化が生まれ出します。

 

人は、自らの力で気づくことでしか、状況を変えることはできないのです。

 

 

自分らしい明るい道を歩めるようになり、夫の暴言をスルー出来るようになったポイント

 

 

人間関係において、

基本どちらが一方的に悪いということは

あまりありません。

 

家庭内の不和、

 

夫が暴言を吐くことに関しても、

夫の中に弱さがあったとしても

妻の側にも、

その言葉を引き出させるような態度を無意識のうちに見せてしまっていることがあります。

 

怯えには、怯えが返ります。

 

怯えた態度をとってしまうと、

相手側は、罪悪感も合わせ、その元々の弱い感情を見せまいと

もっと強く出てくることがあります。

 

引けば押したくなる、押せば引いてしまうのが

世の摂理なのです。

 

押してくる相手に、対等になりたいのならば、

自分が自分の立つ位置をしっかりと決め、

そこに立つことです。

 

言葉に振り回されるのは、

自分のコントロールできない外側に意識を向けてしまっていること。

 

つまり、他人軸で生きているに過ぎません。

 

自分軸と他人軸との違いは、

自分の意思決定を自分の中に持っているか

他人に預けているかの違いです。

 

いくら暴言を吐かれても、

自分にとって必要のない言葉だという認識があれば、

スルーすることができるようになります。

 

まずは、

現実に起きていることを客観的に把握することです。

 

相手が変わることや、理解してくれるのを待っていても、

現実は何も動きません。

 

自分がコントロールできるのは自分の心でしかありませんから、

 

自分のざわめく心を誰でもない自分が理解をしてあげ、

責めもせず、否定もせず、受け止めてあげてください。

 

こんな自分が嫌だと否定すればするほど

自己肯定感が下がり、

自分への信頼を失っていきます。

その自信無さげな姿を見せることで相手の不安をも膨らませることになります。

 

先のクライアントさんは、

毎月セッションを受けてくださることで

段々と自分に自信をつけ、

自分のやりたいことをやり始めました。

 

夫の言動に変わりはありませんが、

 

その全てをまともに受け取らず、スルーできるようになっているそうです。

 

時には言い返すこともあるそうです笑

 

そして、

もし、別れたくなったら、その時の気持ちに従えばいいと思えるように

なったそうです。

 

 

 

 

 

それはなぜか。

自分を信頼することで

相手が言っていることをただ、相手はそう思っているだけで、

 

自分は自分のことを

そんな風に思っていないことを確証できているからです。

 

 

今回のブログのまとめ

 

もちろん、暴言を吐く夫に全く非がないわけではありません。

自分のイライラや

弱さを人に当たるのが正しいわけはありません。

 

ただ、そこに理由を求めても、現実は動き出さないということです。

 

相手が思っていることと

あなたが自分に思っている感覚はまるで違うものです。

 

心が冷たくなってしまう言葉は、

脳にどんどんと蓄積され、

ますます自信をなくていきますから、

弾く力を養ってください。

 

 

そこにいるのが耐えられないなら、

どうあるのが理想なのか、

自分としっかり向き合って、

そのギャップを理解すること。

 

そして、それを埋めるのには何から始めたらいいか、

自分に問いかけ、その一歩を踏み出すことです。

 

自分の心に正直になることは、

自分への信頼が湧いてきます。

 

こうありたいと思う気持ちがあるのに、それを蓋することは自分を偽っていることになり、

 

自己信頼、自己肯定感は培われません。

 

 

自分がどうありたいのか

明るい未来への鍵は、自分しか持っていないのだから、

自分の人生は自分で彩っていきましょう。

 

 

神秘力と思考力で240%自分革命 魔法の14日間ステップメールはこちらから

わたしと気軽にお話してみませんか?

 

 

人は、恒常性という性質が備わっているので、

「良いことを聞いた!」と思っていても継続することは難しいのです。

戻らない気質を作り上げるのに、

わたしに一年あなたの心を預けてみてください。

 

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました