ステップメールをお読みいただいたお客様の声4

ステップメールご感想
ArtTower / Pixabay

こちらでは、ステップメールをお読みいただき、

ご丁寧にわたしへご感想を届けてくださった方のお声をご紹介しています。

 

 

〜*〜*〜相澤知美さん〜*〜*〜

 

わたしは、麗子さんとお会いする中で

 

思考が創り出す私たちの物の見方

表面的な事ではなく

その裏の根源的なことへの着目。

神秘の力によるわたしたちへの作用

 

など様々なお話を伺う機会がありました。

 

その時、

心の中のパズルが完成したようにわたしの心にピタリとはまった感覚があり、

 

今までの自分の視点をは違う

麗子さんの視点にわたし自身土手も感動をしました。

 

そして、心の広さや、

人の痛みを理解できる麗子さんに惹かれ、

メルマガを登録をしました。

 

麗子さんのメルマガは

お人柄がにじみ出て暖かさと居心地の良さを感じ

 

晴れ晴れとしてた自分の心が背中を押し、

新たな一歩を踏み出す勇気を与えてくれるようなメルマガでした。

 

更に

「過去の出来事(しばり)」や

「悩み」は自分が生きている証しであり、

 

今では愛おしく、

未来に向け、

共に歩んでいく事が出来ると感じました。

 

もしも、

メルマガに登録をしていなければ

いつまでも同じ思考の中にとどまり

こんな気持ちになる事はなかったでしょう。

 

過去は消せないが、

自分にとって

「過去」という存在を変える事ができる。

 

自然を感じ、

凝り固まった思考をほぐしていく事で、

今までの自分を変える事ができるのでしょう。

 

あなたも麗子さんの思考に触れたら、

心の鎖、重みから解放され、

本来の自分がそこにいます。

 

そして、その先に待っているのは

明るく笑っている自分と

そして隣にはあなたの大切な人々。

 

こんな明るい未来を

あなたが掴むきっかけを麗子さんは与えてくれるはずです。

 

 

 

 

 

 

知美さん、ありがとうございました。

 

知美さんは、これまでにないダイナミックでドラマチックなお花をアレンジするお教室

ブーケット パフューム

開いていらっしゃる方です。

 

感情解放がテーマで

お互いのテーマに共通するところがあり、

 

わたしも知美さんのお人柄や作品にとても惹かれ、

レッスンを取らせていただいた事もあります。

 

 

自分に厳しい方は、

自分の欠点ばかりに目が行きます。

 

それで、もっと、もっとと頑張りすぎてしまいます。

 

頑張る事は、人生において

必要な事ではありますが、

 

欠点を補うための頑張りでは

永遠に頑張り続けねばならず、

 

終いには、

苦しく疲れて切ってしまいます。

 

同じ頑張るのなら、

自分の持っているものを

もっと磨く方へと向けてみてください。

 

そうなると

自分がどんどん好きになっていき、

 

頑張れる自分を褒めてあげられるようになります。

 

幸福感も

達成感も

 

外側にはありません。

 

自分の中にしかないのですから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オンライン15分無料カウンセリング

プロフィール
この記事を書いた人
Resoage

橋本麗子

★心理カウンセラー

★ルノルマンカード上級講師

★霊気ティーチャー

★youtubeコンサルタント菅谷信一サポートメンバー

◆ 40年以上心身症で最終的に治療方法のない汎発型脱毛症に。

◆ 様々なヒーリング、自然療法を試すもうまく行かず、梯谷幸司先生の
 「本当の自分に出会えば病気は消えていく」から潜在意識の勉強へ

◆ 27年の専業主婦生活から人生を変えるために起業

◆ 会う度に違う人になっているとカウンセリングを依頼され、ご紹介中心でカウンセリングを継続中 延べ500人以上

◆海外駐在4カ国14年半の経験者で適応力、動物的勘に自信あり

◆ 愛猫にメロメロで、ワイン&アンティークをこよなく愛す

◆ 現在シングルマザー きっと3年後に素敵な人に出会ってると妄想中

◆ 親の言葉や世間の価値観で無意識にブロックをかけた人のカウンセリング

◆ 潜在意識にある前提やセルフイメージに気付き、人生を変容させるカウンセリング

◆ どんな自分であってもありのままを愛し続ける心を創るカウンセラー

◆とにかく人生に苦しみや悲しみや我慢をしている人をひとりでも減らし、
 幸せになってほしい

Resoageをフォローする
ステップメールご感想
Resoageをフォローする
心理カウンセラー橋本麗子のサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました