毒親〜厳しい母親の呪縛が離れられないあなたへ〜 女性カウンセラーが経験から乗り越えてアドバイス

メンタルヘルス

こんにちは、橋本麗子です。

 

潜在意識を表面化するカードリーディングと、

そこから心理学を通してどのように解決していくかを

アドバイスする女性カウンセラーをしています。

 

 

本日は、毒親についてお話したいと思います。

 

セッションでのご相談内容のほとんどは人間関係です。

 

 

そこでのトラブルの原因を探り、お話を伺うと

 

大抵は、「親から受け継いだ観念」に行き当たります。

 

その観念に縛られていることで

 

思うような人間関係が作れずストレスやトラブルに発展しまうのです。

 

 

毒親とは一体どういう親?

 

毒親という言葉は、Wikipediaによると

 

1989年にスーザン・フォワード(英: Susan Forward)が作った言葉で

「子どもの人生を支配し、子どもに害悪を及ぼす親」を指す言葉として用いたそうです。

 

もっとわかりやすい例を挙げるならば、

 

・親の言うことは正しいと、子供に従わせる

・全てのことに手を出し、子供の自由を奪う

・子供に暴言、暴力を振るう

・過保護、放任

・子供の顔色を伺い、ご機嫌をとる

 

つまりは、

子供の成長にとって、悪影響を与えてしまう親のことを言います。

 

虐待やクレーマーとかならば、

明らかに誰もが毒親と認識しやすいですが、

 

 

世間的に、

なんでも出来て子供思いの良い母親と思われている人も

多くその可能性があり、

 

(完璧主義からくる)

親が与えた常識に

大人になっても苦しんでしまう人が多いのです。

 

 

 

過去のわたし

私の親はとても過干渉でした。

外の世界に触れさせまいと

私を全てコントロールしていました。

 

言うことを聞かなければ、

自分の手の痛さも忘れるほど叩いたり、

下着一枚にして夜、外の小屋に放り出す、

「自分を殺すには刃物はいらない」と繰り返し脅す。

 

 

自分の好みの洋服を着せ、

交友関係全てに口を出し、

自分の監視が届かないものは、全てやめさせ

私が何かしようとする前に、全てが用意されていました。

 

親なのだから、あなたのことは全て分かっている。

 

親なのだから、私の言うことを全て聞きなさい。

 

あなたは、私がお腹を痛めて産んだ子なのだから、私の気持ちがわかるでしょう。

 

 

心理学では、

 

自分と子供を一体化することを母子一体感と言います。

(反対に子供がいつまでも親を引きずっているのも同じです)

 

今なら、

 

母がそうせざるを得なかった過去からの環境と

母なりの愛の表現であったのだと理解することができますが、

 

 

当時の私は、

常に監視されたような中で、

いつも眉間にシワを寄せた親の顔色に怯えて過ごす日々でした。

 

そして、小学校時代に痴漢にあったことで

両親の過干渉はエスカレートになりました。

 

自分(母)の私が外の世界に触れるゆえの心配や恐れは、

毎日のように私に向けて投げかけられ、

私の記憶へと深く刻んでいきます。

 

 

小学校時代は、

学期の始めは緊張のあまり、

必ず前日から嘔吐下痢を繰り返し、

結局1週間ほど休むことに。

 

今のように「心身症」という言葉がない時代でしたから、

私は「身体の弱い子」と周囲に認知されていきます。

 

 

既に友人関係が出来上がった中に後から入るのは、

とてもハードルが高く、さらに緊張するという悪循環を

繰り返しです。

 

 

 

それは思春期になり、

自分の両親の娘への扱いは、他の家と全く違うことを知りますが、

 

 

既に反抗する気力はなく、

自由がない生活にストレスを感じながらも

この人たちは変わらないと

抵抗を諦めて過ごしていました。

 

 

歳を重ね、ふと気が付いた時には、

人を信じることができず、

全ての人間関係にストレスを感じ、

帰宅後は、気を遣いすぎてぐったりとする日々。

 

数年前「言霊」という存在を知ったとき、

常に苦しく、ざわついていた心の大元は

これだったのかと行き着きました。

 

母の否定的な言葉、

苦しい体験の全てが潜在意識の中に刻まれており、

私は無意識のうちに、

自分の望まぬ方へと舵取りとしていたのです。

 

 

 

 

人間関係の闇は全て親からきている

周りから

「なぜ(親から)逃げ出さなかったの?」とよく言われていましたが、

 

(後に20代前半で結婚という形で家から飛び出すことを選びます。

その後、母は心身症とメニュエル病にかかり、父が出勤の際には

本当に包丁を隠さなくてはいけないほど心が壊れてしまいました。)

 

 

逃げたいと思い続けていても、

それを超えることは、とても勇気がいること。

 

人が持っている恒常性という変化を嫌う性質に加え、

「外に出たら何が起きるかわからない」という言霊が

常にブレーキがかかります。

 

 

 

どうしてそこまでして親の言霊に囚われてしまうのかは、

それは人間の本能から来ています。

 

 

もともと人はとても弱い存在、一人では生きてはいけません。

 

 

誰からも相手にされない、

必要とされない

「孤独」が一番心に応えます。

 

 

ましてや、母の母乳で育つ赤ちゃんにとって、

母親に無視をされると言うことは、

命の危機にさらされることになります。

 

どんな親であろうと

母親には絶対に嫌われたくないと言う

本能が働くのです。

 

時折流れる

虐待のニュースは、

ただ頭を抱えて耐えるしかなかった時を

ふと思い出し、切なくなることがあります。

 

あの時の私より、もっと悲しい思いを体験してしまう子がここにもいるのか、と。

 

 

心が成長する時期に

 

親の無条件な愛に包まれて育った子供には、

 

「自分は愛される存在だ」と言う絶対なる信頼が心に残りますが、

 

 

親のエゴによって育てられた子供には、

 

自分に対する信頼が少なく、

 

他人を軸にした生き方をし続けていきます。

 

 

親の顔色ばかり伺っていた私は、

 

自分の出す意思全て自信が持てず、

常に

自分以外の人を基準にすると言う

そんな不安定な場所に自分を預けていました。

 

自信がないゆえ、

大切なことは誰かが決めてくれる方が楽だったのです。

 

 

人は居心地の悪い環境を簡単には手放せない

 

 

長いこと蓄積された関係性を

手放すのはとても難しいものです。

 

そこがどんなに居心地の悪い場所とわかっていても。

 

”恒常性”が働き、

 

ありとあらゆる言い訳を重ねます。

 

時には、自分より不幸と見える人の例を持ち出し、

 

自分はそれよりもマシだと思うことで

 

変化に抵抗し続けます。

 

光が差さない未来を見たら、自分がもっと惨めになってしまうから、

 

私は、ずっと心を過去に置いて生きてきました。

 

ひたすら親を恨むことでバランスを取っていました。

 

 

もっと自由に育ててくれれば、

身体が丈夫で、ストレスに強い人になったかもしれない。

 

もっと自由に恋愛も生き方も選んでこれたかもしれない。

 

私だけが我慢ばかりしなくていい道を、、、。

 

 

 

この関係性は、

その後の夫婦生活にも、自分の子供と関係性にもつながっていきます。

 

核家族では目の前の両親しか見本がいません。

 

親(夫婦)の関係性、親子の関係性が当たり前となり、

 

自分がこれから築こうとしている関係性も

 

無意識で自分の経験を繰り返していきます。

 

 

夫婦は、

それぞれが全く違う観念を持った環境で育ったもの同士が

一緒になることです。

互いのエゴを押し通せば、ぶつかり合いが増えるのも当然のこととなります。

 

でも、母の教えが全てだった私には、そこに気付けなかったのです。

 

 

私が、そこを手放せたきっかけ

 

 

 

私は絶えず、

恨みを原動力で生きるようになってきました。

 

 

このような心と身体の弱い私に育てた親を

私を理解しようとしてくれず、

自分の観念ばかり押し付ける夫を。

 

しかし、

それもいつしか”気力”に限界がきます。

 

心身症を長く繰り返してきた身体は悲鳴をあげ、

12年前41歳のとき限界を迎えました。

診断の結果、その時の私は80歳のお年寄りの体力しか残っていませんでした。

 

 

それでもまだ、

自分自身が変わることに抵抗を示し、

私は悪くないと周りに変わることを求めていました。

 

私が、

泥沼の感情から抜け出せたのは、

遅々として進まない治療を手放したときからです。

 

私の人生は終わった。

もう治ることは諦めて、

人生の数年思い切りわがままに生きてみよう。

 

 

文章に書くと

たった2行にしかなりませんが、

その覚悟を決めた時の手の震えは、今でも覚えています。

 

人に心の内を話さなければ、

世間的にはとても幸せな家族で育った、幸せな奥様です。

 

その全てを手放すことに、

私が全て原因を作ったのだと認め、覆すことに、恐れを抱く。

 

 

ですが、不思議なことに

全てを手放すと決めてから、

徐々に私の世界は変わっていきました。

 

次々と出会いに恵まれ、

数年後には

子供たちからも、

友人からも別人と言われるほどの変容を迎えました。

 

あの頃が嘘だと思えるほど、

今は、風邪ひとつひかず、

心かき乱されることもなくなり、

自然に笑える時が多くなりました。

 

 

頑なまでに変化を恐れる世界も

 

執着を手放して別世界のように変わった世界も知っています。

 

人とはどれほど弱いものか知っています。

 

 

もし、

夫婦関係や

親子関係に心がざわついてしまうことがあるなら、

 

自分の親元で育った経験からくる

固定観念がネックとなっている可能性があります。

 

いまだに、

親の言葉に反応してしまう自分がいるなら、

母子一体感を捨てられない共依存の中にいます。

 

 

 

まとめ

 

令和の時代を迎え、

コロナという先の読めない世情になり、

 

誰しもがこれまでの常識は通用しないということを学びました。

 

幸せの基準というものは、自分たちの中にしかないということに

気付きました。

 

 

恨みの中でも

自分が満足なら、

それはそれで構わないと思います。

 

それも一つの人生なのかもしれません。

 

ただ、そうやって自分の心をを傷つけ続けるのは、

たった一度の人生の中であまりに悲しい。

 

心は、きっと穏やかで溢れる幸せを願っているに違いないでしょうから。

 

 

もしかしたら、

自分の意思を貫く事で

誰かを犠牲にする(傷つける)ことがあるかもしれない。

 

ただ、

それを言い訳に

自分が変わるのを諦めることは

少し違うと思います。

 

なぜなら人にはこの世に生まれ、

学ぶ使命をそれぞれ持っていることでしょうから。

 

これは互いの成長にとって必要な流れと思っています。

 

 

心は常に自分。

自分はどうありたいのか、

自分の心は何を望んでいるか、

 

そこにフォーカスしてみてください。

 

自分が心から望む場所と形は、自分しか作れません。

 

私は自分に正直であり続けることで

全く想像もしていなかった未来が手にしました。

 

 

あなたにはあなたらしい生き方ができる道が

すでに目の前に用意されていることを信じてみてください。

 

 

ずっと心の一部にモヤモヤとした感情が残っているなら

あなたはまだあなたを生きてないのでしょう。

 

あなたのあなたの新しい世界へとつなぐ扉を開いてみませんか?

 

開けるのに必要なのは、たった一つ。

覚悟です。

 

 

 

神秘力と思考力で240%自分革命 魔法の14日間ステップメールはこちらから

わたしと気軽にお話してみませんか?

 

 

 

 

人は、恒常性という性質が備わっているので、

「良いことを聞いた!」と思っていても継続することは難しいのです。

戻らない気質を作り上げるのに、

わたしに一年あなたの心を預けてみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました