変わりたくても変われないと感じている人へ無意識(潜在意識)の中にある癖を知って、変わらないと思っている現実を変化させていく方法を女性心理カウンセラーがお伝えします

潜在意識について

 

こんにちは、心理カウンセラーの橋本麗子です。

本日は、変わりたくても変われないと感じている人へ自分の無意識(潜在意識)の中にある習慣に気付くことで、変わらないと思っている現実を

どう変化させていくかについてお話しします。

変わりたくても変われない原因は?

人の脳の中にある意識は、よく氷山に例えられます。
海面より上に見えているのが顕在意識と言い、
自分が今、見えている状態の世界で、
それは、全体ぼ3〜5%と言われています。
では、残りの95〜97%は何かというと海面下にあるほとんどが潜在意識と言われています。
「火事場のバカ力」ということわざがあるように、
突然起こった自体に対し、
普通の意識では、現実的に不可能と思われるような事を
つまり重いものも外に運び出せてしまうというのは、
その無意識の力が一気に働いたためです。
だったら、潜在意識の能力を常に利用できればいいのに、と思ってしまいがちですが、
人は常に100%の力を使い続けると身体を維持することができなくなってしまうそうです。
「疲れたら休む」のがごく自然にできているのは、
ちゃんと身体はその人の命を守るように作られているためなんですね。

こんなに頑張っているのになぜ?と思ってしまうのは、

たった3%の力で頑張っているだけで

残りの97%が無意識にブレーキをかけてしまっているからなんです。

脳には多くの刷り込みが記憶されている

「ハエハエかかか・・・・」
「ミルキーは・・・・」
この続き、昭和世代は簡単に言えると思います笑
私たちの無意識層の中には、
これまでの人生で経験してきた事が全て記憶で残っています。
普段の生活をしている上で必要のないものは、
思い出す必要がないので、思い出さないだけです。
ただし、先ほどのCMの続きが言えるということは
人は何度も聞かされているものが暗示のように脳に入っているという証になります。
それはつまり、常に言われてきた言葉、
自分が言ってきた言葉、行動、
それが無意識に脳の中に残り、
それぞれの思い込みが生まれ、それが習慣になります。
そして、その習慣は行動に繋がります。
行動には結果が伴います。
つまり、今、自分の目の前にある世界は
無意識層での思考や行動が、現実化しているだけに過ぎないのです。

つまり、、97%を味方にして行動すると自分が想像した結果は確実に実現へと繋がっていくということになります。

変われないもと、潜在意識の特徴とは?

潜在意識とは、普段意識していない意識のため本人は気づいていません。
普段使う言葉や聞いた言葉は、自分が一番近くで聞いているため影響を与えます。
他には、
・主語を認知しない
・時間的概念がない
・否定形を認識しない
・善悪の区別がない(良いor悪い、ポジティブorネガティブ、など)
・(基本的に)変化を好まない (恒常性)
・望みを叶えるためにはなんでもする
 
 と言ったものがあります。
もともと潜在意識には、ポジティブである、ネガティブであるの判断基準はありません
先ほど話したような、
何度も耳にした言葉は記憶として刷り込まれているに過ぎないため、
「これはポジティブだよね」「それはネガティブだよね」と言った判断の基準は、
人それぞれの経験によります。
経験した時に、
「感覚で」で心地よかったものをポジティブな感覚、
 心地悪かったものをネガティブな感覚を区別し、
 その人なりの思い込みが出来上がっていきます。
ということは、たくさんのポジティブな感覚が潜在意識に入っていれば、
ポジティブな思考が生まれ、現実世界も前向きなことばかり起こってくるし、
反対のネガティブだったら、つまり、、、、という事が起きます。

わたしは「運がいいの」と言い続ける人が、確実に運を引き寄せているのは、心地よい記憶と自分を信じて言い続けている言葉がただ現実になっているのです

潜在意識がすべての現実を創る具体例

小学校の時、「バカって言ったら、お前がバカなんだ〜〜」なんてありましたよね。
実はこれは潜在意識の特徴からすると、とても的を得ているお話です。
主語も認識しなければ、バカという言葉だけが頭に残ります。
それを発した時の感情そのものが、その人の脳に感覚として入っていくからです。
では、実際に現実を創造するという面では、わたしの具体例を挙げて説明してみます。
例えば、わたしは「動画撮影」が嫌いです。カメラの前で話すのがとても苦手です。
コロナのおかげでオンライン化が進み、youtube動画も一般家庭で当たり前になりました。
お仕事を継続するにあたら、起業家の方が一様に「動画が大切」と言い、
それも頭でわかっているのですが、嫌いなために、心が拒絶し、行動へと写せません。
「今週は頑張って動画を撮ろう!」と決意しても、
次々と用事や仕事が入り、動画を撮影する時間がなくなります。
いえ時間ではなくて、
わたしの潜在意識が「動画撮りたくない!」と心で望んでいるので、
撮影の時間が取れないようありがたく現実化してくれます
潜在意識の癖を知らない以前の私は、
「せっかく頑張って撮影しようと思ったのに時間がなくなってしまった。
私のせいではないわね。だって、用事を次から次へと頼まれたのだもの」
と別なものを理由にして、自分は悪くないと思っていました
でも、残念ながら、
「わたしのやりたくない!」という思いが強すぎて、やりたくない!という願いを
「用事」という正当な言い訳を創って、避けているにすぎないという現実を創っています。
潜在意識の秘密を知った今、
「あ・・どんだけ私は嫌がっているんだ・・・・」と自分の情けなさに
呆れる事になります。。。
そして、残念なことに、これがこの先、わたしにとって乗り越えるべき課題ならば、
何度でも挑戦させようとする現実もやってくるのです。

脳には、良い悪いを判断する基準がありません。だから、ポジティブな願いもネガティブな願いも叶えてしまいます。たっだら、どちらを叶えたいか明白ですね!

変わりたくても変われないのは恒常性のいたずら

また、潜在意識は、基本的に変化を嫌います
この世は諸行無常というように常に変化し続けているため、
無意識に安定を求めます。
過去に経験した事がそのまま続く方が、深く考えず反射的に動けるので
無意識的にはとても楽なのですね。

満員電車に揺られて会社に行く、毎日家事をこなしていく、

 

これらの事が毎回変化をするようでは、命がいくらあっても足りないかもしれません。

 

毎日のルーティンワークをこなすには、とても大切な気質です。

 

では、何が問題とするならば、もし、今と違う事をしてみたい、

この場所は自分が本当に望むところではないと思っても、

 

その環境に慣れてしまっている分、

 

初めての経験することや慣れていない場所へ踏み出すことに強い恐怖を感じ、

 

一歩踏み出す勇気を持てず、その場にとどまらせてしまおうとします

 

 

 

 

Pexels / Pixabay

 

 

 

転職する、起業する、

家を出る、

結婚をする、離婚をする、

と言った人生がかかるような大きな変化の場合、様々な理由を自分に向け、行動を止めます。

 

当然といえば、当然なのですが、

 

「今でそれなりに幸せだから」

「失敗してお金に苦労するかもしれないから」

「人生そんな簡単なものではない、自分が我慢すればいい」

 

自分の心以外の理由を持ち出し、

自分は縛られているために自由に動けないと、納得させようとします。

 

 

でも実は、縛っているのは自分の変化を止める恒常性からきているのです。

 

 

「自由に動ける」と自分を信頼している人は、「変わらなきゃ」「動けない」と
悩む必要はありません。

 

特に長い間誰かのコントロール下に置かれていると

そうではない状態を知らないので、

そこから抜け出すには、さらにかなりの覚悟と勇気が必要になります。

 

その全てが、自分が知らない世界に飛び込む事の不安を
自分が創ってしまっているにすぎないのですが。。。

 

 

人が全員持っている”恒常性” 変われない自分を責めずに、

その先の未来に向け、どうしたら変われるか考えてみてくださいね

 

 

 

 変わろうとした時わたしも変化に震えました

「貴女は抵抗はしないの?」とよく聞かれますが、もちろん抵抗するに決まってます。
起業を起こす時、これまで経験した事ない事を
しかも相談相手が誰もいない中、立ち上げようとしたので、
ほとんど「武者震い」です。手が震えたのを今でも覚えています。
自分が経験していないことを挑戦しようとしたのですから
逃げたくもなるし、失敗したらどうしよう、やっぱりやめようか、と抵抗と恐れが何度も迫りました。
そこを超えられたのは、
「もうどうにでもなれ!」と飛び込んだ勇気です。

cocoparisienne / Pixabay

大好きなサザンオールスターズの曲「アロエ」の歌詞の中に

”人は誰もが、弱く暗く悲しい。

だから女神がそっと微笑んでいるんだ”

という歌詞があります。

 

 

人は、本当に弱い生き物です。

自分を傷つけたくなくて、失敗したくなくて、守ったり、言い訳をして逃げます。

 

 

そこを超えるには、手伝ってくれる人はいるでしょう。

でも、最終段階は、「変わる!」と自分の中に覚悟を決めるしかありません。

 

 

 

自分が創った恐れを超えて変わりたい現実に変化を起こす

 

変わりたくても変われないのは、

自分が創った、経験してないことへ飛ぶこむことの恐れです。

恐れを見たくない理由付けに、言い訳をしているに過ぎません

 

 

今、目の前の事しか見えていなければ確実に恐れに負けます。

そこを超えるには、その先の本当に叶えたい望みにフォーカスできているかどうかです。

ここから変わりたいと思ったのはなぜでしょう?
現状にとても満足をしているなら、変えたいと思わなかったはずです。
これまで正しいと思って来たものが本当に正しかったのか振り返り、
自分の中に違和感を感じる習慣を手放してみましょう。
それは、決して過去を捨てるとか、
自分を否定するということではありません。
その時の自分がベストだと思う選択をするだけです。
「変わりたい」と願うだけでは、残念ながら変わった自分を手にすることはできません。
脳は、すべての望みを叶えてくれる存在ですから、
あなたにとって「変わりたい」と願い求め続ける限り、
願いを叶えようと「変わらない」状況をひたすら創り上げます
脳には、「変わった」状況をひたすらイメージして、
それに向けての行動をひとつひとつとっていくだけです。
止まっていては景色は変わることはありません。

変わりたいと思うなら、行動するしかありません。しかも、これまでと違う行動を。

それにはいつも無意識にやってしまう自分の癖に気付くのが一番大切です。

変わりたくても変われないと感じている人へ 今回のまとめ

時間に限りがあるというのは、どうしても変えられないこの世のたった一つの事実なのに、
人はついつい明日も明後日も来年もまた来ると思いがちです。
今は無理、
まだもう少し先と思っても、
その時が100%確実に自分の元にやってくる保証は、100%ありません。
これまでの見ていた見方を常に違う方へ変えてみて欲しいのです。
潜在意識の中に自分の知らない自分が95%があるということは、
自分でも知らなかった能力が開花する可能性も秘めているということです。
もし、潜在意識の中にネガティブな要素が入っているのかもと気付けたなら、
それを手放すチャンスが今来た!ということでもあります。
これまで脳に聞かせてしまった言葉とは反対のポジティブな言葉をたくさん入れて
自分を喜ばせてあげてください。

最後の時を迎える時、笑って、頑張ったな~と嬉し涙を流せる人生の選択をしていきましょう。

 

あなたは誰のための人生を歩んでいるのか、

変わりたいという気持ちがあるなら、

そこをしっかり見つめるのが一番大切だと思います。

 

一人では変わる勇気が持てないと思うときは、いつでもご相談くださいね。

 

わたしと気軽にお話してみませんか?

★ 毎週今週のルノルマンカード占いとそれにまつわる心のメッセージをお伝えしています。

★ 1対1でお話し出来ますので、お気軽にご相談ください

 

 

戻らない心を育てる〜セルフカウンセリングが身につく月額コース〜

プロフィール
この記事を書いた人
Resoage

橋本麗子

★心理カウンセラー

★別名「希望のカード」と呼ばれるルノルマンカードリーダー

★瞑想ファシリテーター

◆ 40年以上心身症で虚弱体質を変えるために様々な自然療法やヒーリングを経験

◆ 好きになれない自分と自分の人生を変えてみたくて27年の専業主婦生活から一転して起業

◆ のちに心理学と出会い、会う度に変わっていく姿からカウンセリングを依頼されるように

◆ 現在では風邪もひかない程健康になり、子育てをしながら、自分のペースで仕事。時間、お金、心の自由を得る

◆ 親の言葉や価値観で自由になれない人のカウンセリング

◆ 潜在意識にアプローチすることで病をやめる、生き方を変えるカウンセリング

Resoageをフォローする
潜在意識について メンタルヘルス
Resoageをフォローする
身体から受け取るあなたへのメッセージ

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました