なぜカウンセリングを受けるのが必要なのか?カウンセリングを必要とする方はどんな人?カウンセリングと心療内科の違い

なぜカウンセリングを受けるのが必要なのか?カウンセリングを必要とする方はどんな人?カウンセリングと心療内科の違い

 

なぜカウンセリングを受けるのが必要なのか?カウンセリングを必要とする方はどんな人?カウンセリングと心療内科の違い

 

 

心療内科?カウンセリング?

 

心理カウンセラーの橋本麗子です。

 

心療内科をカウンセリングだと思っている人が多いですよね、

心療内科ってカウンセリングするところでしょ?

 

わたしの周りから、ある時連続して何人もの方からそんなお話を伺いました。

 

実は私もかつて、

身体が原因不明の不調になった時、

「ここでは治せないので、心療内科をお勧めします」と言われ、

心のことは心療内科にいくものだと思っていました。

「心」を「療(いやす、なおす)」と書きますしね。

 

結果として、悩んだ上、心療内科の扉を開けることはなかったのですが、

カウンセラーになって初めて、

心療内科という場所は、お話を聞いてくれるところではなく、

他の内科や外科のように診察をして、薬を処方するところと知ったのです。

 

 

薬から抜けるのが難しくなってしまった、

薬を飲みすぎて、まともに生活ができず抜け出すのが大変だった、

そこでは何も変わらなかった、

 

このお仕事をしていると以前のカウンセリングを受けた時のお話も伺うようになりました。

 

これは、決して、診察や薬を批判しているのではないので、誤解をしていただきたくないのですが、

 

 

あまりにも眠れない時、薬で眠りを助けてもらうのは大切です。

どうしようも無い症状を今、この瞬間抑えてくれる薬も治療も命を守るために必須です。

 

私の両親も

度々の手術、薬で、命を救っていただきました。

一瞬遅れていたら、、、という経験もしています。

今、その時、必要を要するものを優先するのが一番と思っています。

 

 

ただ、いつも振り返り感じるのは、

心を知っていたら、もっと違っていたのではないかということ、

 

自然世界から作られたものではないものには、副作用が伴うこと、

 

薬は、今の症状をおさえるためのものであり、

おさまるので、治ったように感じますが、根本的なものについては、そのままだったということ、

 

だから、何度も繰り返してきたのだろうということです。

 

 

もちろん、そのまま良くなった方もいるでしょうし、そうならそれが一番です。

 

でも、何かをきっかけに、再び同じような感情、症状が出てきているようならば、

それを引き起こす根本的な原因について見つめ癒していくことで、

ここから先の未来は、違ったものになっていくと思うのです。

 

心と身体、それらは繋がっていることは、もう現代は知っているのですから。

 

心の中は、手にとって見て確認する事ができない分すごく曖昧なもので、

見えない分、後回しにされてしまうのですが、

心というものは、お薬や手術では、良くなってはいくことはなく、

身体に真っ先に敏感に反応をさせていくものということを知っていただきたいのです。

 

 

厳密にはっきりとした境界線で分けることはできませんが、

心療内科を受診された方が良い方

・緊急を要する状態

・病気を抱えていて、薬をすでに飲んでいる状態の方

・症状が出ていて、精神からくるものなのか、どこか悪いところがあるのか判断つかない状態

 

カウンセリングを受けてみても良い方

・マイナス志向の方

・心からくる身体のだるさや不調を抱えている方

(病気の診断をされていても問題ありません)

・とにかく話を聞いてもらい、根本的に問題を解決したい方

・今の状態から抜け出して、人生を変化させたい方

こんな風に考えて見ていただけたら良いと思います。

心療内科やその他の病の治療をしながら、

カウンセリングを受ける方ももちろんいらっしゃいます。

 

 

 

 

 

今、日本の心療内科で起きていること

コロナ禍の影響もあり、ストレス過多から

うつのような症状が出てきている方、

身体の不調を常に感じている方、

コロナは治っているのに、後遺症から抜けられない方が

多くいらっしゃいます。

 

そこから、患者数も増え、心療内科も増えているのにも関わらず、

新規を受け付けられなくなっている場所も増えてきています。

 

病院も連日沢山の方が訪れるので、ゆっくりお話を聞く時間が今までよりもなくなり、

薬を処方するだけでいっぱいいっぱいという現状があります。

 

患者が多く、新しい患者さんを受け入れられないということは、

患者さんがそこから卒業していっていないということです。

 

それでは、この先、どうなっていくのでしょう。

 

若いうちは、まだ細胞自体が若く、エネルギーや回復力があり、

なんとかなるのですが、

年齢を重ねると

その部分が弱くなってしまうので、落ち込んでしまうとそこから抜けるのに

長い時間がかかり、

また、大きな病気へと繋がる危険性を伴っていきます。

 

おさまったのは、治ったのかも、

落ち着いたからいいか、

なんとなくなんとかなるし、そのままでいいか、

 

と思うのではなく、

症状が落ち着いてきた段階で、

再び繰り返さないためにも

自分と向き合ってみる時間をぜひ取っていただきたいです。

それができるのがカウンセリングなのです。

 

カウンセリングとは、そしてその効果

カウンセリングは、お話しを聴く、じっくりと聴くこと(傾聴)がメインです。

大抵の方は、話しを聞いてもらえることで随分と心が楽になり、

自己解決へと自然に向かいます。

 

家族、兄弟、友人などにも話した事がなかったけど、

私には話せたと言っていただく事がほとんどですが、

 

それは、

客観的に話を聞いてくれる第3者の方が話しやすいというのも一つ、

カウンセリングを受けようと申し込みをし、

自分を開示してここから良くなろうと意図してきてくださった事が

さらに良い効果を生み出していくというのが一つだと思います。

 

とてもとても大切です。

 

なぜなら、

心の不調は、

言葉で表現せず思いを飲み込んでしまったり、

表現するのをやめてしまう、諦めてしまうといったことから来ています。

 

人はその圧力にずっと耐え続けることは難しいです。

 

それをカウンセラーが媒体となり、

 

どんなことに悩んでいるかを口に出してもらい、

どんなことで苦しんできたのか声にしてもらい、

 

自分はどう考えているか、

どうなっていきたいか口で示し、、、

吐き出してもらうと、すっきりするだけでなく、

グルグルしていたものがどんどん整理し出していきます。

 

自分一人にこもった脳の中では、神経が同じ一定方向でしか動いていかないから、

同じ判断しか下そうとしないので、堂々巡りしてしまうために悩みます。

そもそも、答えが出ないから、悩むのですよね。

 

答えの方に、気付くという方に、カウンセラーが促していくので、

自分から答えを見つけようとしていけます。

 

また、もう一つ

 

どんな自分をさらけ出しても、受け止めてくれる存在がそばにいることで

安心できるというのもあります。

 

こんなことを思ってはいけない、やってはいけない

こんなこと言ってはいけない、

 

なぜそうしてしまうのか、

人は嫌われるのが怖く、その先の孤独がもっと怖いからです。

 

でも、人は完璧ではなく、醜い感情も当たり前のように持っていると知っている

カウンセラーがその時救いになります。

 

ただ、その存在は、カウンセラーだけではありません。

 

その声を誰よりも一番そばで聞いているのは、自分自身。

自分という存在が味方でいてくれる、

自分の心を全て受け止めてくれるのは、自分。

 

耳で聞き、心で受け止める、自分と偽ってきた自分と

一体化になることで、孤独感から解放されます。

 

自分が1番のヒーラーで、1番のカウンセラーなのですよね。

 

そこの体験が、

今後どう生きていくか、未来を進んでいくか、自分主体で考えるようになっていきます。

 

「答えは、自分の中にしかない」とは、この事なのです。

 

 

人生が変わっていく流れ

 

わたしのコースでは、傾聴も含め、心のクセの問題がどこにあるのか見つけ、

そこをクリアにしていくことから始まります。

 

 

言葉に出す
無意識にやってしまっている考え方、習慣に気付く(思考のシンプル化
潜在意識を書き換え、幸せ脳を発達させていく

自分主体で現実を見ることで自己肯定感が培われていく

自分の望んでいた道を歩みだしている実感を味わい続けていく

 

このような流れをお話とワークを用い、傾聴しながら、進めていきます。

とにかく一緒にたくさんお話をしていくので、

ご自身がどんどんいろんな自分を知っていきます。

 

私、本当はこんなことを思っていたんだ、、、、

気付きが起きた瞬間ですね。

 

このたった一つの気付きが、

その後に与える影響は計り知れません。

 

人生を変えた人たちからの声

カウンセリングセッションを受けた後は、

 

目の前の人に愛おしさを感じられるようになった、
相手の違う面に気付くようになった、
言葉ではっきり表現できないけど、何かが変わっている感覚がある、
今までこだわっていた事がどうでも良くなった、
自分なりの幸せがわかってきた気がする

そんなお返事をいただきます。

 

コースを受けている間は、

自分がすごく変わったという感覚はあまりないのに、

途中から、終わった後から

どんどん周りの状況が変わっていき、望んでいたものが自然に手に入る、

よくわからないど幸せを感じています、

 

といったご報告普通に聞けます。

 

それは、本当の自分で生きていくようになっていったから。

素の自分で生きていると、

必要なものが偶然手に入ったり、絶妙なタイミングのシンクロが起きたりという事が

自然に起こってくるのです。

 

悩んでばかりいたり、

辛い思いばかり繰り返してしまう人は、「本当の自分」に出会っていないからで、

 

「本当の自分」は、すでにそこにあるのですが、

無意識の習慣がふわふわと覆い被さり、見えなくなってしまっているのです。

 

この無意識の習慣には、

価値観、理性、言われて創ったセルフイメージ、固定観念といったものが入っています。

 

それによる考えや、行動が「本当の自分」と同じならば、違和感なく過ごせますが、

そこに違和感やズレがあると、葛藤を生みます。

ストレスとは、その葛藤の積み重ねです。

 

いらない無意識の習慣が取り払われば、

本当の自分が顔を出すので、

取り繕う事なく、肩の力を抜いた素の自分で安心に過ごしていけるようになります。

 

 

何だか楽になったな〜と思って過ごせているなら、

それは、変わった、、、というより、本当の自分に還ったがふさわしい言葉かもしれません。

 

もともとある自分ですから、変化は、本人が一番気付きにくいのですが、

身近にいる人は一番敏感に感じます。

 

周りの状況や、周りの自分に対する接し方が変わってきた、

前ならざわついていたはずのことをスルーできるになった、

 

心がなんだかいつも軽くて、穏やかで、

何かに恋をしているような周りの些細なことに悦びを感じられるようになった、

 

そんな感覚があるとき、

ものすごく自分は変わったんだと思っていただいたらいいと思います。

ここから人生はどんどんと好転していきます。

 

本当の自分で生きるということは、

まるで、しっかり根を生やしたタネが本来の芽を成長させるような

イメージなので、

必要以上の栄養を外から求めなくてもすくすくと元気に育っていけます。

根っこがしっかり張っているので、

外からの影響や強い風にも左右されず、ぶれることも倒れることもありません。

 

人は完璧な存在ではないので、

アップダウンもありますし、

何事もないということはないでしょう。

不安が全くゼロになるということもないでしょう。

 

でも、「本当の自分」でいることの安心の場所があること、

そこに自分で戻ればいいことを心は知っています。

 

 

この場所を一度体験してしまったら、

人は、2度と以前振り回されていた場所に戻りたいと思わなくなるので、

意識していく事ができるようになります。

 

これまで、無意識だったので気付きませんでした。

意識できるようになると当然

行動も言動も変わっていくので、未来も確実に変わっていきます。

 

最後に

心の問題は、誰かが治してくれるわけではなく、

自分で向き合い、自分が自分を助けてあげること、それが1番の治療で処方箋です。

 

お薬は、一時的な症状には良いですが、根本的なものは改善していきません。

心がどういう方向でいつも動いていたか気付くことで生き方を変えていけます。

 

これまでお話しをまとめてみるとカウンセリングを受ける意味は、このような感じです。

 

1 自分の思いを全て出せる安心な場所を知る
2 本当の自分はどんな存在か知り、自分の中の安心な場所に還る
3 かつていた場所とは違う、未来の場所を創っていく

 

 

先日、友人から

昔はよく過去のことばかり話していたけど、今は未来のことしか話さなくなったよね、

と言われました。

 

過去のことばかり話していた自分・・・・無意識です。

未来のことばかり話している自分・・・これもまた無意識です。

 

でも、自分では全く気付いていません。

ただ、そういえば、過去のことは思い出さなくなったな〜くらい。

 

人はそれほど自分のことは気付かないものなのですよね。

 

わかるのは、確かに今は、

落ち込むことはほとんどなくなり、

あったとしてもすぐに自分のご機嫌を取れるようになっていること。

毎日幸せな瞬間を感じていることです。

 

私が、過去の自分では想像もしていなかった今を

カウンセリングを通し、内観し続けたことで手に入れる事ができました。

 

ずっとモヤモヤし続けている方、だらだらと体調不良を続けている方、

生きているってこんな感じなのかと半ば諦めている方に

ぜひカウンセリングの大切さをお届けしたいと思っています。

 

「本当の自分」でいることの楽さ、大切さ、生きる悦びを伝えていけたらと思っています。

 

今、想像もしていない場所を一緒に創っていきませんか?

 

まずは、私と話をしてみたいと思われたら、無料カウンセリングをお試しいただければと思います。

 

 

 

 

 

 

 

15分無料でご相談を承っております。

私と少しお話ししてみませんか?

お気軽にお問い合わせフォームからお申し込みください。

 

お申し込みはこちら

 

 

プロフィール
この記事を書いた人
Resoage

橋本麗子

★こころのスタイリスト

★心理カウンセラー(ライトワーカー)

★ルノルマンカードリーディング講師

★NCAコンディショニングインストラクター

★瞑想ファシリテーター

◆ 40年以上心身症で虚弱体質を変えるために様々な自然療法やヒーリングを経験

◆ 自分の人生を変えてみたくて27年の専業主婦生活から一転して起業

◆ 心理学、脳科学、言語学と出会い、会う度に違う人になっているとカウンセリングを依頼されて以来、実際会う人や口コミで継続中

◆ 心と身体のコンディショニング(脳と筋肉は裏切らない!)
 生徒さんから「心の断捨離スペシャリスト」の名をいただく

◆ 親の言葉や世間の価値観で無意識にブロックをかけた人のカウンセリング

◆ 潜在意識にある前提やセルフイメージに気付き、人生を変容させるカウンセリング

◆ 女性が心からの幸せで美しく輝きつづける世界を創る!のがモットー

◆ 愛猫にメロメロで、ワインをこよなく愛す

◆ 見た目とキャラのギャップが激しいらしい

Resoageをフォローする
なぜカウンセリングを受けるのが必要なのか?カウンセリングを必要とする方はどんな人?カウンセリングと心療内科の違い
Resoageをフォローする
心理カウンセラー&ルノルマンカード講師 こころのスタイリスト 橋本麗子のサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました