「思考は現実化する」がうまくいかない人へ 心理カウンセラーによるファーストステップアドバイス

自分らしさ

 

心理カウンセラーの橋本麗子です。

 

「自分が変われば周りが変わる」と言いますが、

なかなか思うように実感、体感できない方、

「人はやはりなかなか変われない」と思っている方に向け

なぜそのように感じてしまうか、

それでは、どうしたら少しずつでも改善していけるのかお話したいと思います。

 

 

 

潜在意識が全て目の前の現実を創っている

 

潜在意識の特徴については、

以前のブログでお話させていただいているのでここではちょっと割愛させていただきます。

 

  潜在意識の特徴についてはこちらから

 

 

私たちのいる世界は、ほとんど潜在意識で作られています。

97%を潜在意識が占めているため、

私たちが現実として体感し、理解できているのは、残りのたった3%の世界です。

 

つまり、自分が意識できないで使っている言葉、思考、行動それら97%の意識が

私たちが存在する今を創っていきます。

 

潜在意識というくらいですから、

私たちは自分で自覚がありません。

 

親しい友人に「いつもそう言うよね」「いつもこの時そうするよね」と言われ、

初めて自分の癖を知る方がほぼ全員ではないかと思います。

 

 

 

 

97%意識が良い信じ込みで埋め尽くされていれば、

使う言葉も、行動も、いわゆる前向きになりますので、

自分の望んでいる世界をどんどん現実化していきます。

 

 

一方で、不安や恐れなどネガティブな思いが詰まっていれば、

自分にとって望んでない事がやはりどんどんと現実化していきます。

 

 

潜在意識というのは、

どんな手段を使ってでもその人の望みを叶えようとする特徴があります。

叶えるために、アンテナを張り、それに必要な情報や物質を集めだします。

 

 

 

 

 

例えば、

「この人の言うことは信じられない」という信じ込みが入っていると

その人が発する言葉の中に、

自分が非難されているように感じる言葉や

自分の主義に反する言葉だけを選び取り、

過去に経験したデータを引っ張ってきて

「この人の言うことは信じられない」ことを脳は証明していきます。

 

そして、言います。

「ほら、やっぱりね。信じなくてよかった。」

 

「信じなくてよかった」ではなく、

「信じないように」あなたの脳が思考を現実化させてくれただけに過ぎません。

 

 

潜在意識に入った信じ込みの意識はどうして生まれるか

 

人はとても傷つきやすいため、

嫌な事が起きた時、これ以上傷つくのは避けたいと自分を守ろうとします。

その経験が、ある信じ込みをうみ、無意識に習慣化します。

 

また、最も側にいる親の価値観だったり、世間一般、日本人としての価値観だったりが

当たり前のように脳に入り、

当たり前のように意識せず潜在意識に鎮座して、それも習慣化しています。

 

あまりにも自然に習慣としているので、

まさかそんな「信じ込み」が脳の中に存在しているなど思いもしません。

 

その状態でいくら良い本を読もうが、

いくら良い講座を聴こうが、その時は良い話だったと思っていても、

97%の意識の中に溶け込んでしまうと一瞬は刺激されても、

すっとまた元通りになってしまいます。

 

「人はなかなか変わらない」のは、これの繰り返しが行われているからです。

 

 

 

以前に、いつも笑顔で前向きな言葉を言う人のセッションをさせていただいた事があります。

なぜそのような人がセッションを受けるか、普通の人は気付かないでしょう。

 

私は、その笑顔と必要以上の相手への気遣いに違和感を感じていたので、

セッションをお受けしたら、

過去の経験で

「私は常に笑顔でいなければならない」と言う「信じ込み」を手に入れてました。

 

なので、どんな時も無意識に笑顔を絶やさず頑張っていたのです。

本当の自分は、きっととても苦しくて、誰かに気付いてもらいたかったのだと思います。

 

セッション後は、元々の愛らしさに加え、心のからの自然な笑顔が溢れ出し、

キラキラと輝いていました。

 

 

 

 

このように、「信じ込み」は重なれば重なるほど、偽りの自分を作っていくのです。

 

 

ネガティブな気持ちが湧いてきた時、あなたの潜在意識にある思い込みに気付くチャンス

 

 

 

 

悲しいこと、怒ること、傷つくこと、

そんな事が起きた時、

人は「こう言われた」「こんなことをされた」と言います。

 

これは残念ながら、

先程お伝えしたように潜在意識の中にある自分の「信じ込み」が

ただそのような現実を叶えてくれているだけです。

 

「言われた」のではなく、「私が言わせた」のです。

「された」のではなく、「私が行動を起こさせた」のです。

 

 

これを言うと、

「だって本当に言われたのに」と大抵の人は反論します。

実際私もそうでしたし、

クライアントさんにも言われました。

 

もちろん、相手の口からその言葉が出たのは事実です。

言葉は、確かにそこに残っています。が、敢えて言います。

あなたが「言わせた」「させた」のです。

あなたの中にある意識に合わせ、脳があなたの中にある信じ込みを叶えるために。

 

 

「言わせた」と考えることから発展する意識

 

なぜ私は、「言わせた」と変換すると

一体なぜ相手にそれを言わせてしまったのだろう?という疑問が脳の中にわきます。

 

ポイントは、その時起きた感情と現実を引き離し客観的に見ることです。

(感情優先だと自分を正当化しようと、怒りや悲しみが湧いてきて、冷静な判断がつきません)

 

疑問が湧くと、脳は答えを出そうと様々な情報を集め出します

 

そのなぜを繰り返し深掘りしていくと

最後にあなたの潜在意識の中にある「信じ込み」まで到達します。

 

 

 

 

到達したら、その「信じ込み」が自分にとって必要なければ、

「や〜めた!」と捨ててしまえばいいだけです。

無意識だから気付かないし、捨てられない。

意識上に登ってしまえば、あとは自分で判断をつけられるのです。

 

思い込みを手放すことにもっとも大切なことは

 

思い込みを手放すのにもっとも大切なことは「勇気」しかありません。

 

手放せない理由の一つは、

まず、自分が全く気づいていない思い込みであること、

二つ目は、

その思い込みを持っていることでメリットを持ってしまっていること、

三つ目は、

体験したことない変化の先への恐れです。

 

 

先程の素敵な笑顔の方を例題に言うと、

1、自分では無理して笑顔を作っていることに気付いていない

2、元々がとても可愛い人です。笑顔でいること、周りの気遣いを欠かさないことで、

周りの人に感謝されたり、褒められたりしたことも多かったはず。

3、自分の本当の姿を出してしまったら、また同じような経験をするのではないかと言う

恐れが来てしまう。

 

このようになります。

 

 

 

 

 

ですが、その人が現場に変化を望んでの行動ならば、

その先は必ず別な道が用意され、

それが本来のあなたでいられる事なら、

あなたの意識が変わるため、周りはあなたに対し、以前とは同じように接してこなくなります。

だから「自分が変わると周りは変わってくる」のです。

 

大抵の人が間違っているのは、

「自分が変われば周りが変わる」と言う情報だけ入ってしまっているので、

周りの状況を変えたいために、自分を変えようとします。

 

目的が違えば、状況は変わりません。

 

あなたのために、あなたの望む未来のために、

あなたの中にある意識が変わることで、

脳は、それにあった情報、状況を集め出し、周りの現実が自然と望む方へと動き出すのです。

 

 

私がひとつ手放した時に起きた現実について

 

プロフィールを読んでいただいた方はお分かりになると思いますが、

私はかなり特徴ある両親に育てられ、

心身ともにとても辛い時間が長かったため、

良い年齢になっても不快な思いが手放せずにいました。

 

とてもネガティブな思考で、かつ自分は正しいと信じている思考をもつ母は、

相手の評価に対して厳しく、電話の度に1時間半くらい愚痴を言い続けていました。

 

いくら心理学を学ぼうと身内の愚痴をずっと聞き続けるのは、とてもしんどいものです。

 

「もう歳だから自分を変えることはできない」

「あなたしか話せる人がいないのだから(聞いてくれてもいいでしょう)」が口癖でした。

 

さすがに電話の度に同じ話題の愚痴と怒りを相手ではなく、

私にぶつける母をどうしたものかと思っていた時、

 

「愚痴を言われる」

ではなく、

「私が愚痴を言わせている」のだと思った時、

私の根底にある、ひとつの信じ込みに気がつきました。

 

それを持っている限り、私は永遠に母の愚痴を聞かなければならない。。。

 

「冗談じゃない、もういらない!」と決めてから、4日後不思議な事が起こります。

 

 

 

 

 

朝、電話をくれた母が用件だけ言って、一切愚痴をいわないのです。

愚痴どころから、愚痴の対象であったものや人に対して、相手をいたわるような言葉が出てきました。

しかも、その相手といつも起こる問題に、winwinで自分で解決していたのです。

 

母から電話がかかると「愚痴を聞く覚悟」を決めてから電話に出ていた私からしたら

拍子抜けです。

 

さらに同日、もう亡くなって13年経つ父の銀行口座が少し残高を残したまま生きているという

銀行からのお便りをもらいました。

 

結局、その用件も合わせ、1日に3回も電話で話したのですが、

3回とも母の口から愚痴も文句も一切出なかったのです。

 

そして、私は、父がかつて生きてそこにいたのだと証までプレゼントしてもらいました。

 

偶然と片付けてしまえば、それまでの事かもしれません。

でも、これまで母のネガティブな言葉に何十年も葛藤してきた私にとって、

穏やかな気持ちで電話を切れる日など想像すらできなかったのです。

 

そして、さらにそこから何か私の周りを取り囲む空気が変わってきたのを実感しています。

 

思考が現実化するためにファーストステップ

 

思考を現実化させるためには、まず、自分の中の信じ込みに気付き手放すことです。

 

 

 

思うように願いが叶わない、何かスッキリと感じている人は、

あなたの潜在意識の奥に、いるのが当たり前のごとく潜んでいる

要らない「信じ込み」に合わせ、脳がその現実を創る材料をかき集めています。

 

ネガティブな感情が湧いた時こそ、

自分の置かれている状況、言わせている言葉を客観的に見ることで

そこに、あなたの無意識に行ってしまっている習慣をやめさせるヒントが隠されています

 

なぜこのような感情が湧いたのだろう?

なぜ相手にこのようなセリフを言わせたのだろう?

 

そこには、私のどんな「信じ込み」が隠されているのだろう?

 

ぜひ探ってみてください。

 

人は、自分というものを知りたくなると、

次々と知識を得て、そこに当てはめようと時間を費やしますが、

 

心の問題は、あなたの中に入り込んでいる、不必要な信じ込みを一つずつ手放していく事が

あなた本来の生き方に近づいていきます。

 

ぜひ、古い信じ込みを捨て、新しいあなたで望みを叶えていってください。

 

 

 

 

 

 

わたしと気軽にお話してみませんか?

★ 毎週今週のルノルマンカード占いとそれにまつわる心のメッセージをお伝えしています。

★ 1対1でお話し出来ますので、お気軽にご相談ください

 

 

戻らない心を育てる〜セルフカウンセリングが身につく月額コース〜

親との関係性にお悩みの方へ もっと幸せなあなたになるための3ヶ月コース

プロフィール
この記事を書いた人
Resoage

橋本麗子

★心理カウンセラー

★別名「希望のカード」と呼ばれるルノルマンカードリーダー

★瞑想ファシリテーター

◆ 40年以上心身症で虚弱体質を変えるために様々な自然療法やヒーリングを経験

◆ 好きになれない自分と自分の人生を変えてみたくて27年の専業主婦生活から一転して起業

◆ のちに心理学と出会い、会う度に変わっていく姿からカウンセリングを依頼されるように

◆ 現在では風邪もひかない程健康になり、子育てをしながら、自分のペースで仕事。時間、お金、心の自由を得る

◆ 親の言葉や価値観で自由になれない人のカウンセリング、起業をしてみたい人のアドバイス等行っている

Resoageをフォローする
自分らしさ 潜在意識について 人間関係について 毒親〜母親との関係〜 生き方について
Resoageをフォローする
自由な心で自分を生きたい人のカウンセリング

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました