自分を好きになりたいのに同じことをグルグルとマイナス思考がやめられないと感じている方へ

いつも同じことでグルグルとなるマイナス思考をやめたいと感じている方へ

 

こんにちは、心理カウンセラーの橋本麗子です。

 

いつも同じことでグルグル悩んでしまう、、、そんな時どうしていますか?

・解決を求めて検索しまくる

・友人に相談する

・自分で答えを出そうと一人で悩み続ける

 

大抵の方が、ここの当てはまるのではないでしょうか?

それで結果はいかがでしたか?解決してスッキリしましたか?

スッキリしたのなら、それでOK

でも、まだモヤモヤしているなら、

自分だけの答えに気付きステージが上がるチャンスを与えられているということだと思います。

このブログがその気付きのヒントとなれば嬉しいです。

 

マイナス思考は嫌なのにやめることができない、どうやってやめたらいいかわからない

悩みが出るとすぐに答えを出したくて人は悩みます。

 

悩みは悪いもの、

苦しくて辛いもの、

グルグルしている自分はいや、

そこを避けたいと思ってしまうからですね。

 

ですが、悩むという行動は人間だけ、

動物たちは本能のまま生きているので「悩む」ということとは無縁です。

 

それでは、なぜ神様は、

人に喜怒哀楽の感情を持つことを与え、悩むことを与えたのでしょう。

 

それは、必要だから与えたもの。

人には、辛くて悲しい感情を味わう特権があるのだと私は感じています。

 

なぜなら、

人は、悩みがあるから、どう解決しようと試行錯誤することで成長し、

悩み苦しむ経験をするから、悦びや幸せを体感することができるからです。

 

 

かつて苦しくて仕方なかった私

私はかつてマイナス思考、ネガティブ思考、そんな言葉が一般に知られていなかった頃から、

相当マイナス思考でした。超がつくほどの。

 

何でもかんでも悪い方へ考え、どうやっても良い方に考えられない

楽になれる道ではなくて、あえてしんどい道を選ぶ

自分が幸せになる未来なんて、何も感じられない

なんでこんな嫌なことばかりがわたしにはやってくるのよ、、、、

 

明るい友人が眩しくて仕方ありませんでした。

物事を軽く考えられる人たちが羨ましくて仕方ありませんでした。

 

「なんでそんな風に考えちゃうかな」と言われると、

自分が責められているような気がしてしまい、

なんて自分はダメなんだとその都度落ち込んでました。

「性格を変えられるものなら変えたい」

でも、そんな簡単に変わりません。

意識している限り、嫌な面ばかりフォーカスしてしまい、変わることはできないのです。

 

変えようと頑張っている私は3%でしかない

心理学を学び、意識の勉強をし出して、

変えようと頑張っている私はたった3%の意識ある自分であったと知りました。

こんなの嫌だ、嫌だと抵抗して、

頑張って前向きに!!なんて思っても、

100%のうちのたった3%の力でしかありません。

 

何かトラブルが起きれば、その反動でどど〜んと落ち込み、

イライラ、モヤモヤして眠れない、悩みにどう解決したらいいかわからない、

やっぱり無理と97%の本当の私が顔を出します。

 

その原理を知った時、私は、開きなおって頑張ることをやめました。

変えようとすることをやめました。

その代わりに、その無意識である97%の潜在意識の中にある

自分をもっと知ろうと意識する方を変えたのです。

 

育った環境の中から多くの信じ込みが生まれる

よく、人のせい、他人のせいにしてはいけないと言いますが、

私はそれは半分半分だと思っています。

潜在意識を探っていくと、

マイナス思考の根本原因は、全て親との関係で生まれたものだと気付きました。

 

赤ちゃんの脳はまっさらです。動物のように本能が優位です。

そこにいろいろな意識が経験と感情を交え、記憶として残されていきます。

 

私の中にあった無意識の中身は、

ほとんどが母のマイナス思考、ネガティブな言動、

親との接触で生まれた信じ込みでした。

 

それがわかった時、

父のせいだ!母のせいだ!と恨みも湧いてきましたが、

と同時にホッともしたのです。

 

どうしてかわからなかった時は、

自分が悪い、自分がダメだとずっと責めてきました。

でも、私自身だけが悪いのではなく、性格の構成の中に親にも原因があったとわかったことで

心が軽くなったのです。

これでは仕方なかったよね、と私を許すことができたのです。

 

気付くことができたなら、今、ここから自分で変えていけばいい。

知ってもなお、未来の時間も誰かのせいにするのは違います。

だから半分半分と思っているのです。

 

あなたの信じ込みには、どんなものがあり、

それが今をどう生き辛くしているのか知って見るのもいいと思います。

 

調べあさらない、選択を増やさない

悩んでグルグルしてしまう人の特徴の一つに

本を読みあさったり、検索しまくったり、人に聞きまくったり、と

自分以外のところから情報を得ようとするのがあります。

 

それは、マイナス思考の人は、

自分に自信がないのを知っていて、

間違える不安、失敗する恐れを避けようとしてしまうからです。

 

きっと、これまでも自分で決断するというチャンスが少なく、

誰かの意見を聞いて、それに従うことに無意識に慣れてしまったのでしょう。

 

確かに、自分と同じ考えの人がいると安心です。

誰かに、これが正しい!と示してもらう方が失敗する確率は少なくなるでしょうし、

たとえ、失敗したとしても

「私は本当はそうしたくなかった、そう思ってなかった」と自分以外のせいにできるので

傷つかなくて済みます。

 

ただ、それを手にする代わりに失っているものがあります。

それは、達成感、充実感、幸福感、、、自分の人生を自分が生きているという自信です。

 

そこを味わっていないから、

決断が出せず、いつまでもグルグルと悩みに心を奪われてしまうのです。

 

検索して、私のブログにたどり着いてくださったはずなのに、

この言葉は思い切り矛盾していると思いますが、

悩みに対するアドバイスをたくさん聞いて選択肢が増えてしまうと

どうしていいか何が正しいかわからなくなってしまいます。

 

あなた以外に全く同じ人生を歩んでいる人はいませんから、

最終的な答えは自分の中にしかありません。

 

自分を知り、自分で決断できるようになれば、悩みは悩みで無くなっていきます。

 

悩みたくて悩んでいる

グルグル悩む人のもう一つの特徴に

まるで自分から幸せを遠ざけるように

わざわざ悩みを大きくてしてドラマのようにしてしまう、

その名も悲劇のヒロイン症候群があります。

(勝手につけているので正式には呼び方があるかもしれません)

今から思えば、私もそうだったな〜と思います。

 

ドラマやアニメって、主人公が辛い境遇でひたむきに頑張れば頑張るほど

惹かれてしまうのですよね。

でも、それはあくまでもドラマでの話。

現実で生きる私たちは、ドラマ仕立ての中にいるのではなくて、

自分と向き合っていくしかないのですが、

それでも決断できずにいるのは、悩みたくて悩んでいるからだと思うのです。

 

 

その背景には、

「悩んでるかわいそうな私をみて」という構って欲しい欲求かもしれないし、

「悩みはあるのが当たり前」という世間の常識かもしれないし、

潜在意識の奥にある無意識の信じ込みは人それぞれだと思いますが、

 

そのさらに奥のもっとも大きな要因は、

人というのは、ただ何もない「幸せ」な状態に人は恐れをいただいてしまう性質があるからです。

 

悩みがあった方が、幸せに向かっている方がなんだか安心してしまうのです。

だから「悩みたくて悩んでいる」のです。

 

堂々巡りに気付いたら、それ本当に悩む必要あるのかな?と気付いてみてください。

 

 

最後にまとめとアドバイス

読んだらプラス思考になれると思った方はごめんなさい。

 

こっちはマイナス思考、あっちはプラス思考とジャッジするのは、

そもそも、自分の感情や世間の基準でしかなく、

どちらがいいとか悪いとか、本当はないのです。

プラスとマイナス両方あることで、どちらかの存在を確認できるのです。

長所と短所が紙一重と一緒ですね。

 

マイナス思考が悪いと思うのは、あくまでも世間一般の考え方です。

 

それよりも、なんでいつもモヤモヤしてしまうか、その大元の原因に気付い行きましょう。

きっと同じタイプの悩みで滞っているはずです。

 

・マイナス思考が発生した根本的原因

・潜在意識にある何かいらない信じ込み

・幸せでいることを自分から遠ざけている要因

 

変えようとするよりも、気付いて手放して行きましょう。

潜在意識の無意識にある場所から、顕在意識の明るい場所に持ち上げれば、

いらない意識は自然とやめることができます。

 

私は、「自分の中の信じ込みに気付いて手放す」をひたすら繰り返すことで、

あれほど辛かったのに、、、と思っていた状態から

抜け出すことができました。

時折、悩みがふっと持ち上がることがありますが、

すぐに流し、再び穏やかな時間へと自分を還してあげることができるようになりました。

 

でもそれは、たくさん悩んだから、辛いと感じる感覚があったから、

これらのことに気付くチャンスをもらい、

今の状態がなんてありがたいことだろうと思えるようになったのだと確信があります。

 

だから、悩むことは悪いことではありません。

「マイナス思考が悪い」なんてどうでもいいこと。

それより潜在意識の中にある知らない自分にたくさん気付いてみてください。

変えるのではなく、還ることで、より素敵な人生が送れると思います。

 

 

15分無料でご相談を承っております。

私と少しお話ししてみませんか?

お気軽にお問い合わせフォームからお申し込みください。

 

お申し込みはこちら

 

 

プロフィール
この記事を書いた人
Resoage

橋本麗子

★心理カウンセラー

★別名「希望のカード」と呼ばれるルノルマンカードリーダー

★瞑想ファシリテーター

◆ 40年以上心身症で虚弱体質を変えるために様々な自然療法やヒーリングを経験

◆ 好きになれない自分と自分の人生を変えてみたくて27年の専業主婦生活から一転して起業

◆ のちに心理学と出会い、会う度に変わっていく姿からカウンセリングを依頼されるように

◆ 現在では風邪もひかない程健康になり、子育てをしながら、自分のペースで仕事。時間、お金、心の自由を得る

◆ 親の言葉や価値観で自由になれない人のカウンセリング

◆ 潜在意識にアプローチすることで病をやめる、生き方を変えるカウンセリング

Resoageをフォローする
いつも同じことでグルグルとなるマイナス思考をやめたいと感じている方へ
Resoageをフォローする
自分を好きになる方法を知りたい方へ – 心理カウンセラー橋本麗子のサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました